上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
STARS☆の生徒のみなさん、OB(←使えない英語ですね)のみなさん、見てくれているみなさん、2ヶ月も更新(update)が止まっていてすみません。

すっかり季節は夏から秋に移り変わりましたね。

8月中旬に(in mid-August)夏期休暇を取らせていただいて、大好きなタイ(Thailand)でのんびりしてきたのですが、定番のマッサージだけでなく、噂の?Fish TherapyがSpaの仲間入りをしていました。

feeding frenzy
【機内でもらったBangkok Postの記事(Article)】

日本でもTVや雑誌で取り上げられているので知っていると思いますが、記事に書かれているように、コイ科の魚“ガラ・ルファ”、通称『ドクターフィッシュ』が古くなった角質を食べてくれる療法です。

*Feeding Frenzy*
A client tries out "fish therapy", where Japanese Garra rufa fish, also known as doctor fish, nibble at dead skin cells.


□■□ Key expressions □■□
feeding frenzy 「餌の奪い合い」
try out 「試してみる」
nibble 「かじる」
dead skin cells 「角質」
also known as 「別名~」 *よくakaと略して使われます

ドクターフィッシュはトルコ(Turkey)生まれの魚ですが、タイでは日本産を使っているんですね。

私の感想はというと…

日本で未体験のこのSpaに興味深々だったのですが、かなりくすぐったそう(must be ticklish)だったので、今回は遠慮しました。

東京でお試ししたい方は、大江戸温泉物語でできるみたいですよ!


↓もっと英会話を楽しみたい人は、迷わずコチラのサイトにGO!!
stars03.gif


↓Thank you for your cooperation!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

banner_04.gif

スポンサーサイト
テーマ:タイ・バンコク
ジャンル:海外情報
みなさんは眠い目をこすりながら"Michael Jackson's Memorial Service@Staples Center"を見ましたか?

約2時間半にわたってCNNやMTV、FOX News、ABC Newsなどのチャンネルやウェブサイトで、全世界に向けて無料でライブ配信(it was broadcast live)されましたね。日本時間の深夜2時からでしたが、二度とないこの瞬間を見ておこうと、私は眠気を感動でかき消しながらABC Newsのwebsiteに釘付けでした。このサイトには今回のMemorial Serviceの動画を含むMJの特集ページがありますので、ぜひチェックしてみてください。英語の良い勉強になりますよ!

MJのMemorial Serviceは著名人のスピーチだけでなく数人のアーティストによるパフォーマンス(performance)がありましたが、R&BやJazzが好きな私にとっては特にMJの兄『Jermaine Jackson』が歌ったチャーリー・チャップリン(Charles Chaprin)作"Smile"と『Usher』の"Gone Too Soon"がとても感動的(touching)でした。涙をこらえてMJへの思いを魂で歌う姿は本当に素敵ですね。Usherがパフォーマンスの最後にMJの棺(casket)に触れたシーンに涙した人も多いのでは?

そして、なんといってもラストを飾る家族によるスピーチ、特にMJの死後ベール(veil)に隠された素顔を公開したMJの娘『Paris』による公で初めてのスピーチに、多くの人が胸がつまるような思いをした(it was so heart-wrenching.)のではないでしょうか?

"I just wanted to say, ever since I was born, daddy has been the best father you could ever imagine. And I just wanted to say I love him so much."

涙をこらえきれず、叔母(aunt)の『Janet Jackson』の腕に飛び込む姿に私は涙が溢れてしまいました(I couldn't stop crying)。

今や当たり前のように黒人がテレビに出て、雑誌に載り、議員(congressman/congresswoman)に選ばれ、ついに大統領(the president)にまでなれる時代(era)を築いたのはMJなんですよね!

"We Are the World"で肌の色など関係なくみんな仲間なんだと世界平和への熱いメッセージと魂を残したMichael。

RIP(Rest In Peace).


↓何度聞いてもいい曲ですよね!歌詞付きです。



↓もっと英会話を楽しみたい人は、迷わずコチラのサイトにGO!!
stars03.gif


↓Thank you for your cooperation!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

banner_04.gif


テーマ:海外ニュース
ジャンル:ニュース
昨日はニュース速報(the breaking news)を見てビックリした人も多かったと思いますが、King of Popこと『Michael Jackson』の突然の死は、世界中に大きな衝撃を与えました。

MichaelがJackson 5のメンバーとして、9歳ではじめて舞台に立ったNYC(New York City)のApollo Theaterの前に悲報(the dire news)を聞いたたくさんのファンが集まり、まるでお祝いしている(celebratory mood)かのように踊り、歌い、涙を流しながらMichaelの名前を呼び続ける(chant "Michael! Michael! Michael!")シーンを見て、胸が痛んだ人も多かったことでしょう。

Apollo Theaterの看板(marquee)のメッセージが、

"In Memory of Michael Jackson, A True Apollo Legend, 1958-2009"
『マイケル・ジャクソン(1958-2009)を追悼して、真のアポロ伝説』

と変えられていたのがより悲しみを誘いますね。

Michaelは本当にたくさんの人々(tons of people)の憧れの存在(the pop icon)であり、愛されていたんですね!

インタビューを受けたある男性が言うように、"There will never be another Michael Jackson - not even close." (誰一人としてマイケル・ジャクソンの代わりは二度と現れないであろう。)

May his soul rest in peace. (ご冥福をお祈りします。)



↓もっと英会話を楽しみたい人は、迷わずコチラのサイトにGO!!
stars03.gif


↓Thank you for your cooperation!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

banner_04.gif

テーマ:海外ニュース
ジャンル:ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。